BOY MEETS パンダ


成都といえば、三国志とパンダが有名。

そこで、「成都大熊猫繁殖基地」という場所へ行ってみた。

動物園とはひと味違い、パンダの繁殖を目的としている。


成都大熊猫繁殖基地は、成都市北郊外の斧頭山に位置し、

市内から約10キロ。

パンダマークの市内バスが走っているから、

簡単に行くことができる。


パンダは中国では「大熊猫」と呼ばれ、

台湾では「大猫熊」と言うらしい。

空想上の生物と思われていたが、

フランスのキリスト教の宣教師・ダイヴェによって発見された。

現在、パンダは世界野生動物保護と平和友好のシンボルとして

世界各国の人々に愛されている。


野生のパンダの1日を見てみよう。

彼らは、1日の6割を食事に、3割を睡眠にあてる。

ほんの1割だけが活動(遊ぶ)の時間だ。

なんてうらやましい!

ここのパンダも

ほとんどが寝転がって笹を食べているか、

微動だにせず寝息を立てていた。

旅のチカラ、旅のカケラ

世界一周の旅、 それはもう遠い夏のようだ。 500日間世界を駆け巡り、 300を超える長距離バスに揺られた。 旅を終えて日常に復帰したが、 それでも時間を見つけては小さな旅を続けている。 旅のチカラに引き寄せられ、 旅のカケラを集めていく、 そんな毎日。

0コメント

  • 1000 / 1000