ハルタビ’17(バルト3国編) #3 炎と森のカーニバル


午前1時半、早すぎる今日のはじまり。 

朝食はシェレメチェボ国際空港にある

Galaxy Loungeで済ませた。 

持っててよかったプライオリティパス。 

搭乗前のちょっとしたご褒美タイムだ。 


初めて利用するairbalticはラトビアのLCCで 

1フライト5000円くらいなのでかなりお得。 

「よく遅れる」と聞いていたが、今日は順調に飛び立ってくれた。 


BT427 4:50モスクワ→6:35リガ(ラトビア) 

7:40リガ→8:45ヘルシンキ(フィンランド) 


日本を発ってから5本のフライトを経てようやく目的地に着いた。 


83ヶ国目、フィンランド 

(この旅3ヶ国目) 


物価の高い国は正直苦手だが、フィンランドは

マリメッコやアラビアなど好きなブランドが多いので 

いつか行ってみたいと思っていた。 

ただ、

マリメッコ本社で社員食堂に行く! 

そんな楽しみはメーデーが奪い去っていった…。 

フィンランドのメーデーはヴァップと呼ばれていて、

日本でいう元旦みたいな日。 

店は軒並み休みだし、ここヘルシンキは街中お祭り状態だった。 

(むしろ特別な日に来れてハッピーなんだけど、

マリメッコは本当に楽しみにしていただけに残念すぎる)


とにかくよく歩いた1日だった。 

雲ひとつない青空をバックに白亜のヘルシンキ大聖堂を眺め、 

丘の上にある赤レンガ造りのウスペンスキー寺院を訪れた。 

海と緑に囲まれ、石畳がよく似合うヘルシンキ。 

ただ歩いているだけで、映画の主人公にでも なったような気分が楽しめる。 


たまたま見つけたムーミンカフェ。 

フィンランドはコーヒーが有名なんだけど、

あいにくコーヒーが苦手なので紅茶を頼み、シナモンロールを頬張った。 

ちょっと「かもめ食堂」にいる気分。 

マグカップもお皿も当然ムーミンで北欧価格だから懐には痛いけど、 

せっかくだからと楽しむことにした。 


しかし石畳の道は足の裏が痛くなるもの。 

まるでずっと青竹踏みをしてるようだ。 

疲れたなぁ、と空を見上げるもまだまだ陽が高い。

日没は21:30なので、長い長い1日だ。 


時刻は17時、フェリーに乗ってスオメンリンナ島に向かった。 

ヘルシンキからは約15分で島に渡れる。

ここはスウェーデンやロシアとの国防の歴史を物語る島として

世界遺産に登録されている。 

あまり評価は高くなかったのでパスしようかとも思っていたが、

訪れてみると、とても静かで、ノスタルジックで、

かつてパタゴニアの小さな村を歩いた記憶とリンクした。 


ヘルシンキで一番良かった場所は? 

と問われたら間違いなくこの島を挙げたい。 

2時間ほどかけて島を周遊し、日がだいぶ西に傾いたころ、街に戻った。 


たった1日だったけど、フィンランドを満喫できた。

観光地なのだけど、なんだかどっしり構えていて余裕を感じる街。 


やさしくて、スマートで、 

暮らし方が素敵だと思わせてくれた場所だった。


旅のチカラ、旅のカケラ

世界一周の旅、 それはもう遠い夏のようだ。 500日間世界を駆け巡り、 300を超える長距離バスに揺られた。 旅を終えて日常に復帰したが、 それでも時間を見つけては小さな旅を続けている。 旅のチカラに引き寄せられ、 旅のカケラを集めていく、 そんな毎日。

0コメント

  • 1000 / 1000