ハルタビ’17(バルト3国編) #6 世界平和


1日1ヶ国。まるで標語だ。 

今日もまた国境を越える。 


ラトビアのリガで迎えた朝。 

いよいよハルタビの終わりが近づいている。 

5:30、いつも目覚ましよりも早く目が醒める。 

素早く支度をして、最後にもう一度、リガ旧市街を散歩した。 

街はとても静かで、人もまばら。 

そう、今日は独立記念日で祝日だから。 



フィンランドのメーデーもそうだったけど、 

こっちの人たちは祝日はきっちり休むようで、 

店はほとんどが閉まっていた。 観光客向けの土産店さえも。 


自由記念碑前ではなにやらセレモニーが催されていた。 

青空の下、ブラスバンドの音色が心地いい。 

そのすぐ隣にある川のほとりの公園で少し黄昏てみた。 

緑が鮮やかで、噴水には虹がかかっていて、

いつまでもここでのんびりしていたい気分だった。


12:15、シャウレイ行きのバスに乗り込んだ。 

近距離のためかWi-Fiはなく、少し古い車体だった。 

窓の外にはまた、北海道のような景色が流れていいる。 


そして約3時間後、シャウレイの町に降り立った。 


86ヶ国目、リトアニア

 (この旅6ヶ国目) 

さあ、最後の国だ。 


リトアニアだけ唯一、2泊する予定で 

まずはここシャウレイに立ち寄った。 

古くからラトビアとの交易が行われ、 

織物業、皮革産業で発展した。 

ここに立ち寄ったのは、

町の北東部にある「十字架の丘」を訪れるため。


リトアニアを代表する巡礼地としても知られ、

2001年に「リトアニアの十字架の手工芸とその象徴」

の一つとして無形文化遺産に登録された。 

タクシーと交渉し、十字架の丘までの往復と、

向こうでの1時間の待機を含めて25€で妥結。 

延々と草原と畑が広がる景色の中、タクシーは快適に丘を目指した。 


タクシーを降りると丘までの一本道が続いていて、

向かい風の中を黙々と歩いた。 

すると、おびただしい数の十字架が視界に飛び込んできた。 


十字架の丘はリトアニア最大の巡礼地。 

初めてここに十字架が立てられたのは、 

1831年のロシアに対する蜂起の後だとか。 

ロシアの圧制により処刑された人たちや、 

シベリアへ流刑された人たちを悼んだ人々が、 

一つ一つ持ち寄ったもので、小さなロザリオから

0高さ数メートルもある十字架まで様々。 

その数は5万とも10万とも言われている。 


丘に着くとピタっと風がやんだ。 


なんだろう、この神秘的な感じわ。

とても静かだ。 

遠くに鳥のさえずりが聞こえる。 

青空に向かって十字架が伸びている。 

静かにシャッターを切った。 

何枚撮っても、満足できないくらいすごい場所だった。 


1.5€で十字架を1つ購入し、

名前と、今日の日付を刻んで丘に立てた。 

無数の十字架に埋もれていたが、

まるで自分の分身のように愛おしさを感じる。 

少し目を閉じて、静かに祈ってみる。


青空と、果てしない草原。 

ぽつんと佇む十字架の丘は、圧倒的な存在感を放ちながらも、 

やさしい場所に思えた。 

またいつかここを訪れて、 あの十字架を探してみるのも

ロマンチックかもしれない。


旅のチカラ、旅のカケラ

世界一周の旅、 それはもう遠い夏のようだ。 500日間世界を駆け巡り、 300を超える長距離バスに揺られた。 旅を終えて日常に復帰したが、 それでも時間を見つけては小さな旅を続けている。 旅のチカラに引き寄せられ、 旅のカケラを集めていく、 そんな毎日。

0コメント

  • 1000 / 1000