ハルタビ’17(バルト3国編) #10(fin) スターライトパレード


CZ656  21:10モスクワ→12:10広州

約10時間のフライトは 疲れのせいからかよく眠れた。


広州でのトランジットは天候不良(謎)のため

2時間ほど遅れが出て、帰国が遅くなってしまった。

年末のカンボジアでも8時間遅れたし、

中国系の航空会社とは相性が悪いようだ…。


CZ3085 16:00広州→20:45羽田

空港に降り立ち、荷物を受け取る。

9日前とはバッグの重さは倍になった。

帰国した安堵と、移動の疲れと、

旅が終わってしまった喪失感と、

明日からの仕事の憂鬱、いろんな感情を混ぜ込んで

もやもやしたまま空港からのバスに乗り込む。


車窓には、東京の夜景、スカイツリー、高速道路のネオン。

旅の終わりはいつもこのシーンだ。

車内も、心も静か過ぎてなんだか不安になる。


タビノオワリ。

旅は楽しくて、少しせつない。


たった数日間に、人生の縮図がギュッと詰まっていた。

知らない世界で、たくさんの選択をし、

あっていても、間違っていても

前に進むしかない。

見えないスターライトパレードを想像しながら

こうしてバスに揺られる。


耳の奥では、あの街角で聴いた音色が響いていた。

旅のチカラ、旅のカケラ

世界一周の旅、 それはもう遠い夏のようだ。 500日間世界を駆け巡り、 300を超える長距離バスに揺られた。 旅を終えて日常に復帰したが、 それでも時間を見つけては小さな旅を続けている。 旅のチカラに引き寄せられ、 旅のカケラを集めていく、 そんな毎日。

0コメント

  • 1000 / 1000