ナツタビ ’16(オーストラリア編) ♯6(fin) 千の夜をこえて


ゴーっという低いノイズと、肌寒さに目を覚ます。

身体をさすりながらフライトマップに目をやると、

日本まではあと2時間を切っていた。


またひとつ旅が終わったーー。



ロンドンのような街並みがキレイだった

メルボルン。



カフェがたくさんあり、

甘いチョコレートケーキを食べながら

紅茶をすすった。



街なかはトラムが無料で、

何度も行き先を間違えながら

車窓の景色を楽しんだ。


スーパーでマヌカハニーのハチミツを買い、

夕食はいつも東南アジアの料理だった。


すべては一瞬のできごと。



こうした旅の終わりをいくつも数えてきたからか、

最近はずいぶんと潔くなってきた気がする。


旅の時間も、日常の時間も、

ものすごいスピードで流れているのを

つくづく実感する。


薄暗い機内に青白く光るモニター。

フライトマップを見ていると

まだまだ行ってみたい国がたくさんあることに安心し、

そして少しだけ心の温度が上がった気がした。


千の夜をこえて、

また次の旅がはじまる。

旅のチカラ、旅のカケラ

世界一周の旅、 それはもう遠い夏のようだ。 500日間世界を駆け巡り、 300を超える長距離バスに揺られた。 旅を終えて日常に復帰したが、 それでも時間を見つけては小さな旅を続けている。 旅のチカラに引き寄せられ、 旅のカケラを集めていく、 そんな毎日。

0コメント

  • 1000 / 1000