ハルタビ'18(マレー半島編) ♯05 SOS


甘いKOPI(コーヒー)ではじまる朝。 

普段はコーヒーは苦手だけど、 

マックスコーヒー並みに甘いマレーシアのKOPIは

美味しくいただける。 




まだ観光客もいない早朝に

マラッカ川のほとりを散歩してみると、

水面に建物が映り、とてもキレイだった。 

ボートも走ってないから、水面が鏡のようだ。 



さて、日が高くなり、暑さが全開になるまえに

マラッカのハイライトを巡っておこう。 

オランダ広場を起点に、世界遺産に登録された

ポルトガル・オランダ支配時代の教会や史跡を訪ねてみる。 



オランダ広場に面したキリスト教会。 

18世紀のオランダ支配時代に建てられた

プロテスタント教会だそうだ。 

その隣には旧オランダ総督邸であるスタダイスがある。 



小高い丘を登ると、

その頂上にはポルトガル支配時代に建てられた

セントポール教会が姿を現わす。 



風が抜けて気持ちがいい。 

たしか10年前に来たときは暑さに耐えかねて、

この教会跡の木陰でうたたねをしたっけ。 

景色はあのときと同じままだった。 



チャイナタウンにある、ジョンカーストリートに行き、 

昨日と同じ店で、昨日と同じラクサを食べた。 

新しい発見も楽しいが、 

こうやって、同じルーティンが安心する。 

この先の旅もきっと、

過去を遡って同じ道をなぞっていくのだと思う。 



旅の一日は早いもので、

あっと言う間に夕方になってしまった。 

川沿いを歩き、昨日ボートから見た

カンポン・モルテンを目指した。

そこは、マレーシア伝統の高床式住居が

建ち並ぶエリアで、昔ながらの生活の垣間見られる。 



予想以上に遠かった...。 

たしかにボートで約20分の距離だもの、 

歩きじゃそれなりにかかる。 

何度か引き返そうかと考えたが、 

次に訪れるのはまた10年後かもしれないので、 

額に汗さながら小走りで向かった。 


とても小さな集落だったが、独特の存在感。 

ゲストハウスもあったので

今度再訪する際はここに泊まってみようと思う。 



とろけるような癒しをくれた、

東南アジアの小さな旅。 

最後の夜はやっぱり切なくなる。 

川面を行き交うボートの音、

カフェバーから流れる陽気な音楽、 

湿った風、キラキラ光るトライショーたち。 

すべてが記憶に変わろうとしている。 


喧騒に包まれながら

心穏やかに、 

最後の夜を眺めていた。 

旅のチカラ、旅のカケラ

世界一周の旅、 それはもう遠い夏のようだ。 500日間世界を駆け巡り、 300を超える長距離バスに揺られた。 旅を終えて日常に復帰したが、 それでも時間を見つけては小さな旅を続けている。 旅のチカラに引き寄せられ、 旅のカケラを集めていく、 そんな毎日。

0コメント

  • 1000 / 1000